アメリカ 1999年ハリウッドの映画音楽作曲家 シート

stus3339_44

1,600円

在庫状況 在庫切れ中

ハリウッドの映画音楽作曲家 シート 1999.9.16.発行 1,600円
ハリウッドの映画音楽作曲家 シート
zoom
■マックス・スタイナー(Max Steiner 1888-971)。オーストリア出身。幼少時から英才教育を受けました。ピアノをブラームスに、音楽学校ではグスタフ・マーラーのもとで学びました。天才ぶりは早くから発揮され16歳でオペレッタを作曲しました。代表作「風と共に去りぬ」「カサブランカ」。
■ディミトリ・ティオムキン(Dimitri Tiomkin 1895-979)ロシア生まれ、30歳でアメリカに渡りました。代表作「真昼の決闘」「素晴らしき哉、人生!」。
■バーナード・ハーマン(Bernard Herrmann 1911-75)。ニューヨークで生まれ、ジュリアード音楽院で学び、クラシックの楽曲も残していますま。ヒッチコック監督とタッグを組んで多くの作品を手がけました。遺作は「タクシー・ドライバー」。
■フランズ・ワックスマン(Franz Waxman 1906-67)ドイツ出身のユダヤ人。第2次大戦中はフランスに逃れ、そこでドイツ語映画の作曲で生計を立てました。代表作「サンセット大通り」「陽のあたる場所」。
■アルフレッド・ニューマン(Alfred Newman 1901-70)アカデミー賞に45回ノミネートされるなど、映画界に多大な功績を残しました。代表作はチャップリンの「街の灯」、「イヴの総て」。
■ エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(Erich Wolfgang Korngold 1897-957)。現在のチェコの地で生を受けたオーストリア人です。神童といわれ15歳の時には第一線の作曲家として名声を手中に収めました。クラシック音楽を多く手がけましたが、映画音楽の代表作としては「ロビンフッドの冒険」「シー・ホーク」など。

※サイズ192x189mm

イメージはありません。

商品カテゴリー